アコギスト宣言!!

Dori Caymmi

2004年2月9日

プロフィール 最近クローズアップされてきた、ブラジルスタイルのギタリスト。コンポーザー・アレンジャーでもあり、柔らかなストリングスに包まれた作品を提供してくれる。Jobim の「Wave」のようなサウンドをもっと追い続けたいなら、このプレイヤーは最適かもしれない。 ディスクレビュー If Ever... '94年の、とってもゴージャズな作品。アンビエントな空気感につつまれて穏やかなスキャットが絡ん…

アコギスト宣言!!

Philip Catherine

2004年2月9日

プロフィール Django を源流とする流れを継承するジャズギタリスト。流れるようになめらかなパッセージを繰り出す様はさすが。反面、リズムから観た場合、それほどスリリングなタイプではないかもしれない。 ディスクレビュー Spanish Night '92年、Enja レーベルから。ベースを従え、時折ストリングスも入るスペイン曲集。そのペースが凄く頑張っている。ギターが霞んでしまうほどだ。ギターの殆…

アコギスト宣言!!

Martin Carthy

2004年2月9日

プロフィール 60年代から英国のフォークシーンで活躍しているギタリスト/シンガー。日本での知名度は高くないが、Bert Jansch らと並んでカリスマ的存在である。音楽はよりトラッド色が強く、ロックやポップスの視点から観るときに、学究肌的に見える。 ディスクレビュー The Collection 実は若い頃のこの人を私はよく知らない。この'93年発表のコンピレーションでは'80年代以降の作品しか…

アコギスト宣言!!

Joe Carter

2004年2月9日

プロフィール ガットギターを駆り、ビ・バップスタイルのジャズをボッサやブラジル東北部音楽と融合させたような音楽を奏でる、ジャズギタリスト。ニューヨーク大で、Sal Salvador や John Scofield に師事。音色からするとフラットピックで弾いているようだ。 ディスクレビュー Um Abraco No Rio '96年、Empathy から。Mauricio Einhorn (ハーモニ…

アコギスト宣言!!

Larry Carlton

2004年2月9日

プロフィール 御存じ、'80年前後には「ミスター335」として一世を風靡したフュージョンギタリスト。Gibson の ES-335を示すニックネームのとおり、本領はナチュラルオーバードライブな音色のエレクトリックであり、かつてはアコースティックはほんの余興程度に短いチューンを披露してくれるだけだったが、それがかえって独特の存在感があって私は好きだった。 ディスクレビュー Discovery '87…

アコギスト宣言!!

California Guitar Trio

2004年2月9日

プロフィール Bert Lams、Paul Richards、森谷英世から成るギタートリオ。おそらく全員オベイションのスティール弦を使用。かの Robert Fripp Guitar Crafts の卒業生(?)たちである。ギター同士のアンサンブルは、通常は互いのフレーズの隙間を埋め合うようなインタープレイになるが、彼等の演奏スタイルは学生のギターサークルのそれに近い。とはいえ、あの Fripp …

アコギスト宣言!!

Charlie Byrd

2004年2月8日

プロフィール Laurindo Almeida と共に、ガットギターによるラテン・ジャズという分野での第一人者。クラシックのレッスンを積んだ経験もあるせいか、彼、Byrd の方が正確というか、スクエアな感じの演奏を行う。80年代に入ってからは、タンゴやショーロナンバー等を題材にして、Almeida とのコラボレーションを相次いで発表している。 ディスクレビュー Blue Byrd '79年のギター…

アコギスト宣言!!

Freddie Bryant

2004年2月8日

プロフィール ニューヨーク出身のジャズ・ギタリスト。父母ともに音楽家だったせいか、8歳からジャズとクラシックの音楽教育を受ける。また、Gene Bertoncini や Sal Salvador といった大物ジャズギタリストから個人レッスンも受けていたとのこと。Wynton Marsalis や Max Roach らとの共演でキャリアをスタートさせ、そのギタープレイは Kenny Burrell…

アコギスト宣言!!

Bob Brozman

2004年2月8日

プロフィール ナショナルギター(スティールボディのスライドギター)といえばこの人、Bob Brozman である。膨大なギターの蒐集家であり、デルタ・ブルーズを中心にハワイ・カリブ・日本(特に沖縄)・アフリカと幅広いルーツ音楽の研究家であり、何より個性的でエネルギッシュなギタープレイヤーなのである。 6歳にしてギターに触れ始め、ナショナルギターのユニークなサウンドに惹かれるようになり、長じてはワ…

アコギスト宣言!!

Julian Bream

2004年2月8日

プロフィール Segovia 亡きあとのクラシックギター界においてその後継者を探すとするなら、やはりBream ということになるのだろうか。最近ではクラシックギターも細分化が進んでいるようであり、ひとつのジャンルをセールスポイントにする傾向も多々見受けられるが、さすがに Bream くらいになるとその引き出しの数は限りない。バロックリュートの奏者としても名高い。残念ながら、'90年代に遭った交通事…

Copyright © Mariyudu.net 2021