アコギスト宣言!!

Joel Mabus

2003年12月1日

プロフィール 情感豊かなオールドソングを好んで演奏するガットギタリスト。ジャズのフレイバーもふんだんに持つが、テクニックをひけらかすような所は微塵もない。ひたすら楽曲のエッセンスを抽出しようとするかの様な演奏が胸を打つ。 ディスクレビュー Western Passage '96年、Fossil Record から。全編ガットギターの無伴奏ソロ。1曲目を聴いて「あ、またニューエイジか」と思ったが、聴…

アコギスト宣言!!

Michael Lorimer

2003年12月1日

プロフィール 日本では、Windhamhill レーベルからの小品集で知名度を上げたが、別にニューエイジ指向という訳ではなく、ごくノーマルなクラシックギタリストである。Segovia の愛弟子らしい。 ディスクレビュー Remembranza '84年に Windhamhill レーベルから。B面に Villa Lobos の曲とバッハのチェロ組曲の編曲版が収められているが、どうもA面に並べられた…

アコギスト宣言!!

Tom Long

2003年12月1日

プロフィール 詳細は不明だが、おそらく米西海岸で活躍していると思われるスティール弦ギタリスト。ニューエイジ風無国籍ギターの装いはあるが、彼がアイリッシュトラッドに強い影響を受けているのは一目瞭然。柔軟なリズム感、洗練された和音、どれをとってもギター好事家を興奮させるのは間違いないのに、何故もっとクローズアップされないのだろうか。 ディスクレビュー Satis Verborum '92年の無伴奏ギタ…

アコギスト宣言!!

Gabriel Lee

2003年12月1日

プロフィール 詳細は不明だが、NARADA レーベルからギターソロアルバムを発表しているガット弦のアコギスト。 ディスクレビュー Seasons '84年に NARADA レーベルから。このレーベルは流行り廃りの速いニューエイジ関係では結構古株になってしまった。タイトルどおり「四季の移り変わりを表現してみました」という感じの、穏やかなギターソロ集。どの曲も同じに聴こえるような気もするが、表現の質と…

アコギスト宣言!!

Bobbie Leecan

2003年12月1日

プロフィール 詳しいことは不明だが、ニューヨークでも活躍していたブルーズメンらしい。 ディスクレビュー Bobbie Leecan & Robert Cooksey 1926-27 '78年に編集された Matchbox からのリイシュー。ハープの Robert Cooksey との共演が多い。スクラッチノイズの向こうから聞こえてくるのは Blind Blake にも似た、割りと洗練されたデルタブ…

アコギスト宣言!!

Albert Lee

2003年12月1日

プロフィール 米「GuitarPlayer」誌で何度もベストプレイヤーに選ばれていることからも判るように、大変優れたカントリー畑のプレイヤーである。テレキャスを多用したホットリックスタイルが本来の持ち味だが、アコギやマンドリンでの超絶ぶりも遜色ない。 ディスクレビュー Gagged But Not Bound '87年に MCA から。ほとんどがエレクトリックだが、アコギではトラッド「Forty …

アコギスト宣言!!

Pierre Laniau

2003年12月1日

プロフィール Narciso Yepes のマスタークラスで修行したという、クラシックギタリスト。そのせいか、10弦ギターを愛用する。 ディスクレビュー Satie : Gnossiennes Nos 1,2,3 & 4 etc Erik Satie の作品ばかり集めた、ギターでは珍しい作品。編曲は、奏者自身によるもの。Satie の作品そのものが存在感を拒否している様なところがあり、Laniau…

アコギスト宣言!!

Bero Landauer

2003年12月1日

プロフィール 正統派 Django スタイルのギタリストだが、詳細は不明。 ディスクレビュー Couleurs Manouches '94年に Buda Musique から。Patrick Desaunay という若手ギタリストをリズムギターに迎えてウッドベースを加えた黄金のトリオ編成。全編アコギインスト。21世紀を迎えようとしている現在でも、このタイプの音楽が絶えることなく続いていることが非常…

アコギスト宣言!!

Fapy Lafertin

2003年12月1日

プロフィール 詳細は不明だが、ベルギーのジプシーコミューン出身で、現在はオランダで活躍しているらしい、ジプシースウィング系ギタリスト。Django スタイルの流麗なギターが素晴しい。マンドリンやファドギターなどもこなすらしい。 ディスクレビュー Fapy Lafertin '91年に Hot Club Record から。バイオリンをフューチャーした、古式豊かな Django サウンドに仕上がって…

アコギスト宣言!!

Timo Korhonen

2003年12月1日

プロフィール フィンランドの若手クラシックギタリストで、17歳でドイツ放送協会のコンクールで最年少優勝を果たしプロキャリアをスタートさせたとある。派手目の所はなく、上品でロマン派風な演奏だと思う。 ディスクレビュー Chopin / Llobet '97年、Ondine から。レコード屋でタイトルをみて、ショパンのオリジナルアレンジ演奏集かぁ、野心的だな、と思ったら実は全てタレガ編曲のもので、後半…

Copyright © Mariyudu.net 2021