アコギスト宣言!!

Rikhy Ray

2003年12月1日

プロフィール 詳細は不明だが、インド人の血をひくという白人アコギスト。クラシックをルーツとしてギターキャリアをスタートさせたが、ニューヨークのファンキーな空気を吸い込み、「ファンキーギタリスト」になったという???(^^)。 ディスクレビュー Mangalam '97年、Enja レーベルから。ドローン弦を加えたオベイションギターで、インド人パーカッショニスト達と繰り広げるラーガ・ジャズ。それほど…

アコギスト宣言!!

Konrad Ragossnig

2003年12月1日

プロフィール '61年にパリコン優勝経歴を持つ、バロックものを得意とするギタリスト。ルネッサンス・リュートも手がけ、数多くの録音を行っている。そちらの方での名声が高いかもしれない。 ディスクレビュー Les Baroques タイトル通り、バロック時代の鍵盤作品の小品集。フレスコバルディ、パーセル、ラモー、そしてヘンデルの作品を収録している。ヘンデルの作品は、Segovia のアレンジを用いている…

アコギスト宣言!!

Raphael Rabello

2003年12月1日

プロフィール どちらかというとリラックスタイプのギタリストが多いブラジルにあって、非常にアレグレッシブなギターを弾く若手ギタリスト。ショーロで使われる7弦ギターを多用し、様々なスタイルをおり混ぜたニュータイプのブラジル音楽を生みだしつつあったが、30歳あまりの若さで亡くなった。 ディスクレビュー Todos Os Tons '92年、BMG からの Jobim 集。オープニングではなんと Paco…

アコギスト宣言!!

David Qualey

2003年12月1日

プロフィール このギタリストを初めて聴いたのは、輸入盤屋で手に入れた Windham Hill の最も初期のラインナップ中の一作「Soliloquy」でだった。Ackerman をはじめ他のギタリストがアンビエントなムードのスティール弦だった中で、古風ながらも驚くほどポップなオリジナルナンバーを弾くガットギタリストに私は魅せられつつ、こんなにも優れたギタリストが何故国内盤で紹介されないのか訝しがっ…

アコギスト宣言!!

Barbara Polasek

2003年12月1日

プロフィール あまり知名度は高くないが、バッハ等を得意とする女流クラシックギタリスト。筆者はこの人の演奏でバッハのリュート作品を聴き始めた。落ち着いた、良い演奏だと思う。 ディスクレビュー J.S.Bach '69年に録音されたバッハ集。前奏曲ニ短調、リュート組曲1番、そして、無伴奏バイオリンの編曲ものが2曲。そう、フーガとシャコンヌである。かなり美味しい選曲ですよね。

アコギスト宣言!!

Manitas de Plata

2003年12月1日

プロフィール 「銀の手」という芸名を掲げ持つ、南仏フラメンコの長老。一族郎党で賑々しくルンバ(キューバのそれではなくフラメンコの)を演奏する、『元祖ジプシーキングス』である。「これはフラメンコじゃなーいっ」と青筋をたてるアナタ、野暮ってもんよ。だって、その通りなんだもん。 ディスクレビュー Soleil des Saintes-Maries Manitas は凄く多作家(というよりも人生そのものが…

アコギスト宣言!!

Ciro Perez

2003年12月1日

プロフィール 詳細は不明だが、ダイナミズムのあるタンゴギタリスト。'60年代初期からプロキャリアを始めたとある。 ディスクレビュー Mi Refugio バンドネオンの Osvaldo Montes とのデュオ名義のアルゼンチンタンゴスタンダード集。こういう編成の性格上、ギターは殆ど伴奏に回らなければならない。だが Perez のギターは対位法的といっていいほど、バンドネオンの向こうを張っており、…

アコギスト宣言!!

Júlio Pereira

2003年12月1日

プロフィール ポルトガルフォークという、一般にはあまり馴染みのない分野で活躍する、マルチプレイヤー。幼少よりバンジョーやマンドリンに親しみ、ギターは勿論のこと、カヴァキーニョ(南米産の4コース楽器)やファドギター等、実に多くの撥弦楽器を自在に奏でる。インプロヴィゼイションで魅せる多彩なイマジネーションの数々を聴くにつけ、この人は Mauro Pagani にも通じるスケールの大きな音楽家なのだと思…

アコギスト宣言!!

Carlos Peralta

2003年12月1日

プロフィール 詳細は不明だが、タンゴやアルゼンチン・フォルクローレを主なレパートリーとする、白人ラテンギタリスト。 ディスクレビュー Guitarreada '96年、LeaderMusicから。Mario Benitez というギタリストをセカンドギター(主にリズムギター)に迎えての2重奏アルバム。タンゴ等のリズムが強調されるナンバーでは、このセカンドギタリストが良い仕事をしている。このアルバム…

アコギスト宣言!!

Stevan Pasero

2003年12月1日

プロフィール ガットギターを使った、和やかな演奏を聴かせてくれる大衆派ギタリスト。サンフランシスコ出身というが、穏やかな気候が演奏に反映されているかの様。 ディスクレビュー The Nutcracker Suite For Guitar '90年、Sugo レーベルから。ご存じ「くるみ割り人形」のギター編曲版。アレンジは Stevan 自身によるもので、テンポ/音量ともに無理なダイナミクスを付けな…

Copyright © Mariyudu.net 2021