アコギスト宣言!!

Almir Sater

2003年12月1日

プロフィール 所謂「ミナス系」ヴィオレイロ(ギタリスト)のひとりで、ムジカ・カイピーラの一人者的存在。出身はミナスのお隣、マトグロッソ・ド・スル州とのこと。ギターを弾き始めたのは12歳の頃からだというが、プロミュージシャンになる気はなかったらしく、弁護士を目指しての大学在籍中にミナスのギタリストの演奏を聴いてギター熱が再燃し、ドロップアウト(?)してしまった逸話を持つ。様々な伝統撥弦楽器を操り、ジ…

アコギスト宣言!!

Turibio Santos

2003年12月1日

プロフィール あまり著名ではないが、かのパリ・コン優勝経験をもつクラシックギタリスト。ラテン気質らしくない(といったら失礼か)、細やかで繊細な演奏をする。 ディスクレビュー Musique Francaise Pour Guitare ソル の「マルボローによる伴奏つき変奏曲」を始めとした古典と、プーランクやミヨーらの近代作曲家の作品を演奏したフランスギター音楽集。こういう盤は珍しいな、と思い挙げ…

アコギスト宣言!!

Manolo Sanlúcar

2003年12月1日

プロフィール Paco de Lucia と並び称される、現代フラメンコのスター(もはや、大御所か?)。11歳より父につき従ってプロキャリアを積み、'72年にソリストとして数々のギターコンクールで名を馳せ、一躍国民的英雄となる。既に60歳を越えている訳だが、その活動は益々油が乗り切っているという感じだ。 ディスクレビュー Al Viento Paco らのスーパーギタートリオが大活躍していた頃の作…

アコギスト宣言!!

斎藤 光始

2003年12月1日

プロフィール 戦前ブルースおよびスライドギターをもっともレアな形で継承している日本人アコギスト。そのディープな感触は、Stefan Grossman なんかよりずっとブルースしているように思えて、なんだか誇らしい。 ディスクレビュー Acoustic Guitar / Solo '97年、オタルナイレコード。北海道のアコギスト、浜田隆史が主催するギタリストサークル「ギタリスツ」のメンバーの演奏を集…

アコギスト宣言!!

Monika & Jurgen Rost

2003年12月1日

プロフィール 旧東独出身の夫婦クラシックギターデュオ。夫婦デュオというと、Presti & Lagoya が思い出されるが、こっちはなんだか如何にもドイツ人という感じの厳格な演奏をする。 ディスクレビュー Musik fur Gitarre 古典から近代までかなりとっちらかった選曲だが、古典ではナルバエスの「牡牛の番をして」、近代ではブローウェルの「ミクロ・サピエス」というかなり硬派好みで…

アコギスト宣言!!

Stochelo Rosenberg

2003年12月1日

プロフィール ジプシー音楽一家Rosenbergファミリーの、最も知名度の高い花形ギタリスト。10歳にも満たない頃からギターでコンテスト荒しをしていたとある。ギターのルーツは間違いなく Django だが、最近の流行を反映してか、芸風はすっかり Gipsy Kings である。 ディスクレビュー Gipsy Summer Rosenberg Trio の名義で Dino レーベルから。メンバーは、…

アコギスト宣言!!

Jimmy Rosenberg

2003年12月1日

プロフィール 詳細データがないのだが、名前からして間違いなく Stochelo Rosenberg の縁者だろう。このジャンルでは珍しくもないのかもしれないが、早熟の天才がまた一人現われた。 ディスクレビュー Safari '92年、Dino レーベルから。リズムギターに Falko Reinhardt(これもまた、あの血筋か!?)、ベースに Sani van Mullem の「Gipsy Kid…

アコギスト宣言!!

Rafael Riqueni

2003年12月1日

プロフィール 質実剛健、豪放磊落、質素倹約(?)型のギタリストが多いフラメンコ界にあって、ロマンティックかつ流麗華美な音楽を聴かせてくれるアコギスト。早熟なのはギター演奏だけではなく、作曲も13歳から手がけていたという。他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多く、アルバムに関しても多作である。まさに脂の乗り切った感のある、現在スペインで最もアグレッシブなアコギストかも。 ディスクレビュー …

アコギスト宣言!!

Niño Ricardo

2003年12月1日

プロフィール フラメンコギターの流れは、Ricardo に始まり Sabicas、Paco へ至ると言われる。Ramon Montoya のような伝説的人物を除けば、確かに近代フラメンコギターの祖といえる。その演奏は、カンテ伴奏主体の色彩を色濃く残しており「オレがオレが」というエゴの張り出しを感じさせない。もちろん、個性が無いという意味ではない。Sabicas がコテコテの吉本芸人だとするなら、R…

アコギスト宣言!!

Jerry Reed

2003年12月1日

プロフィール フィンガーピッキングを使ってホットリックをはじき出す、カントリーギタリスト。...ってのは正確でないか。なにせ彼は、何より優れた歌手であり、曲も自分で書き、さらには俳優までやっちゃうのだから。その方面ではカリスマ的存在であり、彼のナンバーをカバーするギタリストは枚挙に暇がない。アコギはガットギターを多く使用している。カントリーでガットというのは「?」という気もするが、Willie N…

Copyright © Mariyudu.net 2021