アコギスト宣言!!

Dan Schwartz

2004年2月20日

プロフィール 詳細は不明だが、まだ若手らしいスティール弦アコギスト。割りと古いタイプのロマン派といった感じか。 ディスクレビュー Masters of Acoustic Guitar '97年にNARADAレーベルからの、16人のアコギストによるインストを集めたコンピレーション。「Sad Little Girl」という曲で無伴奏ギターインストを披露しているが、これ一曲じゃよくわからんなぁ... と…

アコギスト宣言!!

Joe Satriani

2004年2月20日

プロフィール 超バカテクを多く輩出している近年のロックにおいても、一段と別格の感があるテクニシャンギタリスト。Steve Vai の先生だったこともあるそうな。しかし、そのプレイはかなり抑制の効いたクールなものだ。 ディスクレビュー Surifing with The Alien '88年の出世ソロ作。ロックでは珍しいギターインスト集だが「Satch Boogie」という曲も入っているので、やはり…

アコギスト宣言!!

佐藤 正美

2004年2月20日

プロフィール 柔らかなサンバタッチのインストを提供してくれるフュージョングループ Carioca のガットギタリスト。本人はあまりディープな感触の演奏はしないが、実は Baden Powell に深く傾倒しており、楽譜の監修などもしている。 ディスクレビュー Pale Moon '84年に発表された Carioca のセカンドアルバム。ギターとピアノが半分づつソロをとるような形態の曲が多く、「もっ…

アコギスト宣言!!

坂元 昭二

2004年2月20日

プロフィール さだまさしと共にTVドラマ「北の国から」の劇中音楽でギターを担当し最近とみに有名になったスティール弦ギタリストだが、実は'70年代から著名アーティストのバックを務めたベテランギタリストなんである。「詩人そして作曲家でもある」とは、そのさだ氏の弁。和製フォークのしとやかさにラテン的リズム感を少々効かせたかのような、日本人向けするサウンドだといえる。 ディスクレビュー 樹音 '95年、B…

アコギスト宣言!!

Sabicas

2004年2月20日

プロフィール 本名を Agustin Castllon Campos。コンサートスタイルのフラメンコギターという、当時としては画期的なスタイルを完成させた偉人。ギタリストなのに、大きな指輪をジャラジャラはめまくりるというラテン人気質は、演奏そのままの人柄でなんだか嬉しくなる。少年時代の Paco de Lucia に「自分の演奏スタイルで弾かなきゃ」と苦言を呈しショックを与えたと伝え聞くが、その言…

アコギスト宣言!!

Rick Ruskin

2004年2月19日

プロフィール 私見だが、現在のようなアコースティックギターをメインにしたノンジャンルな(あるいはジャンル・ボーダーレスな)インストゥルメンタル音楽がハッキリとかたちづくられたのは、'80年代以降であると思う。それ以前のアコギ音楽は、ジャズやブルーグラスまたはフラメンコやクラシック音楽という確立されたジャンルの中にあって機能していたものが殆どであった。しかしそれでも、どのジャンルにも属さないアコース…

アコギスト宣言!!

Angel Romero

2004年2月19日

プロフィール スペインのギター一家である Romero 兄弟の3男坊。彼の演奏したアランフェスは名演のひとつとして数えられている。 ディスクレビュー Concerto for Classic Guitar ans Jazz Piano ジャズ作曲家の Claude Bolling のペンによる、軽快な四重奏。アンサンブル編成は、Angel Romero (ギター)、George Shearing …

アコギスト宣言!!

Romane

2004年2月19日

プロフィール Rosenberg 兄弟達とともに、ホットクラブスタイルのギターを現在に伝える継承者。このスタイルのギタリストのなかでは中庸とも言える「品格」のような落ち着きがある。 ディスクレビュー Swing for Ninine '92年、Ballemont というフランスのレーベルから。クラリネット奏者の Marcel Cazes を大きくフューチャーした作品。リズムギターを勤めるのは La…

アコギスト宣言!!

Ulisses Rocha

2004年2月19日

プロフィール リオデジャネイロ出身のガットギタリスト。若い頃にクラシックギターのレッスンを受けたというだけあって、確かなテクニックに支えられたプレイは、ハードボイルドかつ飾り気のない彼の音楽性と相まって、非常に切れ味鋭いボッサ=ジャズを実現している。Al DiMeola がブラジルツアーで公演した折に、ゲストギタリストとして共演したこともあるという。ボサノバのけだるげな気分に浸りたいだけの人はとも…

アコギスト宣言!!

Lee Ritenour

2004年2月19日

プロフィール 70年代後半の大フュージョンブーム時に、ギターヒーローといえば Larry Carlton とこの人だったという印象がある。あまりにスマートでソツがなさすぎるという評価もあったが、当時はそれが良かったのだ。最近では Wes Montgomery へのトリビュート作などで聴かれるように、成熟へ向かう渋さを身に着けつつあるようだ。 ディスクレビュー Feel The Night Rite…

Copyright © Mariyudu.net 2021